高齢者のサバイバルゲ−ム5
  参考5  サバイバルフィ−ルドの作成

1.サバイバルフィ−ルドの作成
   サバイバルフィ−ルドを作るには、安全第1の目的をもって作りましょう。
   そのためには、当初予定の広さを犠牲にしても良い覚悟が必要です。
   サバイバルゲ−マ以外の人、通行人等にBB弾の命中は絶対にあって
   はなりません、特に秋春の行楽季節、山菜取りには、注意を要します。
   故意でなくとも、傷害事件で告訴問題に発展しかねます。
   場所の選定には、くれぐれも注意をして決定しましょう。
2.フィ−ルドの下見
   いろいろの場所に出掛けてマイフィ−ルド作成の参考にしましょう。
   また隊員間の情報交換を行い、ゲ−ムの目的と隊員の居住地、
   交通の利便、通行人等の有無などを実地観測して候補地を
   決め、私有地か、公共用地か調べておこう。
2.フィ−ルドの決定
   候補地が決定したら、チーム全員に現地集合をかけてフィールドと
   しての機能するようにします。
    1.BB弾の飛んでこない安全な場所 セフテイゾーンの確保
    2.フィールドに近い場所に駐車場
    3.フィールドと外部との境界設定の為のスズランテープ等の敷設
   以上がサバイバルフィールドとしての最低限の環境です。
2.フィ−ルドの決定(補足)
   フィ−ルドが河川敷の場合は、国土交通省に日ごと許可を受ける。
   フィ−ルドが個人所有地の場合は、地主の許可を受ける。
   フィ−ルドがゲーマー所有の場合が一番良い。
   フィ−ルドがどうしても無い場合は、有料のフィールドを使用する。
   現在執筆中

   試案作成 元ライディングパ−ティ徴兵担当 軍曹GG
  
特徴解説に戻る
参考のMENUに戻る