高齢者のサバイバルゲ−ム2
10.冒頭に記載しましたサバイバルゲ−ムの特徴に解説を致します。

  1.年齢に合った運動が保障される。
     フラッグ戦における行動形態は全力疾走で敵陣近く布陣する隊と、
     それら突撃する隊の支援を目的とする、分隊支援機関銃。
     敵フラッグまで迅速な迂回攻撃を敢行するアタック隊、そして自軍フラッグ
     を防衛する隊、気配を殺し1発必中を狙う狙撃手等が必要になり、
     それぞれ年齢に合った能力、体力を発揮出来うるゲ−ムです。
     たとえば、高齢者でも体力に自信があれば、若者に着いて行き、
     また、自信のない場合は、自軍陣地の守備につく、ただ、自陣近く
     敵軍が到達すると言うことは、自軍が敗勢にある場合が多く壮絶な
     戦闘になる覚悟が必要になり。これもまた楽しい一面があります。
     このように、生涯現役兵を通し、撃ちてし止まむ、の精神を涵養し、
     サバイバルゲ−ムにおいては、目のギラギラした老兵になろう。

  2.公園のような設備がいらない。
     設備投資のいらない自然な地形が一番で、公園のような遊具、
     陸上競技場のような環境、ゲ-トボ-ル場のような整地など一切いり
     ません。また一般人の立ち入ることのない、急傾斜のない山林、
     原野、河川敷など、多少不便な所が良いでしょう。
     サバイバルフィ−ルドのつくりかた

  3.視覚、聴覚、気配、洞察力、観察力、知力、体力、
    協調性、信頼、闘争本能、約束ごと、労り、など、ボケ防止
    としての身心基本機能の維持。
     必死に潜んで敵を探し、あるときは突撃してくる敵に立ち
     向かう実生活では味わえない異次元体験の出来るゲ−ムです。ゴ
     ルフと同様自己申告。但し、草むらに迷彩服、敵には絶対分から
     ないはず、と、ところがどこからともなくBB弾に命中、ヒットと言い、
     手を挙げて戦死を知らせる勇気。味方が全員戦死して敵に囲まれ
     たときの恐怖、狙撃1発で仕留めた時の快感、撃たれて
     帰る時の後悔、挙げたらきりのない奥の深いゲ−ムです。

  4.装備を揃えれば安価で遊べる
     初期装備一覧表を参考にしてください。

  5.年齢にこだわらずコスプレを楽しめる。
     国別、時代背景、目的は個人で自由に選べます。たとえば、
     ある時はドイツ兵またある時は特殊部隊SWAT隊員その他、
     アメリカ兵、日本兵、自衛隊、警察官、ベトコン、湾岸戦争、
     イラク戦争と、人生は一度切りです、個人装備に 身を堅め
     気分よく各国兵隊になりきる日常では考えられない時を過ごす
     本格的なコスプレを楽しむ事が出来ます。

  6.最大のものは仲間ができる。
     家に閉じこもりがちになる事が多くなる高齢者において青空の下、
     同じ趣味を通じて老若男女が語り合う(撃ち合う)
     事が出来るかと思ます。


11.最後のことば
    世間は不景気から脱出する気配が遠く、早く活力のある日本に
    なつてほしいと思います。今回記載した高齢者のためのサバイバル
    ゲ−ムのすすめが好戦的であると誤解された貴兄がおられると
    思いますが、けしてそうではありません、1日に何度もBB弾に当
    たって"戦死"する、とても本当の戦場に行こうなどと思わなくなる
    反面教師的な側面のあるゲ−ムです。また、ストレスの多い
    現代社会においてストレス解消法として筆者も勧めるところです。
    平和のおかげで出来るゲ−ム、
    これからも反戦平和を通して、このサバイバルゲ−ムが発展して
    ゆく事を願ってやみません。
    そしてサバイバルゲ-ムを初めようとする方々の指針になれば幸いです。

  最後に今回執筆した目的は、高齢者はもとより若者にも参考になる
  ように記載しました、若者と高齢者が共に協力して
  サバイバルゲ−ムをしているところを想像して筆をおきます。

  高齢者のサバイバルゲ−ムのすすめは、リンクフリ−にしています。
  リンクの状況を掲示板に記載していただければ結構です。

     初版 2003年 8月13日     成東町自宅にて 筆者 ペンネーム 東山春美
     2 版 2003年 9月25日
     3 版 2006年 3月 7日
     4 版 2011年 7月 1日
  現在、高齢者のサバイバルゲ−マの募集をしています。応募に先立ち
  高齢者のサバイバルゲ−ムのすすめを読んでいただき、面白そうだと
  自分も体験してみたいと感じられましたら、 募集項目を参考の上送信
  してください。


  サバイバルゲ−ムの特徴に戻る